ちょっと変わったカーテン。カーテンの特別な活用法などをご紹介します。

観葉植物の楽しみ方について

観葉植物は店舗やオフィスのアクセントとして置かれていることも多く、おしゃれなイメージを持っている人も多いでしょうが、自分の部屋のインテリアとしても人気があります。どんな部屋も一鉢置くだけで雰囲気のある部屋に変身します。手入れも簡単で手間がかからないのも魅力ですが、いつの間にか枯らしてしまったという人もいるのではないでしょうか。選ぶ際に店舗のスタッフに管理の仕方などを聞いておくと良いかもしれません。観葉植物と一言で言っても種類が多くどれを選べばよいか迷う場合もあるでしょう。自分が素敵だと思うものを選ぶのが一番良いですが、わからない場合は定番のものを選ぶようにすると良いです。ミニ観葉など手軽に購入できるものもあるので窓辺やキッチンの隅などに置いて楽しむこともできます。またプレゼントにしても喜ばれます。

観葉植物を全ての部屋に置いています。

アパートに住んでからは、誰に何も言われないので、自分の好きなように飾り付けもしています。匂いとかも好きなのを付けて、本当に癒やされる家になっています。緑物が部屋にあるだけで凄く生えます。壁が白いので、焦げ茶のソファなど置いてあります。そこに観葉植物を沢山置いてあるのですが、これを置いただけで部屋が素敵になるし、今風になります。自分は、直ぐに花や葉っぱを枯らせてしまうので、自分は偽物を買って置いています。水をあげないで良いし、手入れもしなくて良いので、大助かりです。本物の観葉植物もあります。小さいのですが、自分の目の届く範囲に置かれている物なら水をやるのも忘れないので、良いです。偽物のは、凄く大きいのを飾っています。全ての部屋に大きいのは最低1つは必ず置いています。それだけで本当にオシャレになるので、大好きです。

殺風景な場所に観葉植物を置いてみませんか

観葉植物には沢山の種類があり、大きさも様々です。太陽の光を好むもの、好まないもの、水が沢山必要なもの、逆に水があまり必要でないものもありますので、購入するときは、お店の方に育て方を聞いておくと良いでしょう。観葉植物は花を咲かせるものは少なく、葉、そのものを楽しむ植物です。大きなものは、玄関やリビングの隅に置き、小さなものは窓辺に置いてインテリアの一部として活用できます。水を好むものは、キッチンのシンク周りや、洗面所、浴室にもぴったりです。日光が苦手なものは葉焼けを起こすことがありますので注意しましょう。観葉植物は一般家庭だけではなく、オフィスや病院の待合室、ちょっと堅苦しい感じがする銀行などに置くと、癒しになります。濃い緑、淡い緑、黄色かかった緑が重い空間を爽やかな場所に変えてくれますし、夏は涼しさを感じさせてくれます。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*