ちょっと変わったカーテン。カーテンの特別な活用法などをご紹介します。

ブラインドの断熱性能

従来のファブリック製カーテンと比較して、ブラインドの断熱性能はどれくらいの実力をもっているのかについて考えてみましょう。
両者に要求される機能は遮光だけではなく、窓部分からの気温変化に対応することによって、空調の効率を下げないという部分も重視されるためです。
窓は部屋には必用な物ですが、同時に寒暖の時期には室内温度のキーポイントでもあり、どのように断熱するかでかなり快適性に違いが生じることがわかっています。

カーテンは一般的な家庭では、レースカーテンを代表とする薄地の目隠しカーテンと、遮光や断熱を目的とする厚地のカーテンを二重に取り付けます。
ブラインドの場合もレースとの二重構造となっている商品もありますが、普通はアルミ製や木製のスラットを繋げ並べたものをひとつとりつけるだけとなります。
結論から言うと、基本はカーテンと比較して問題ない断熱性能を持っているブラインドですが、選ぶカラーによっても実際の効果は異なってきます。
黒色系であれば夏場に温度が上昇しやすくなる傾向がでてきますし、上下や左右の隙間から発生するすきま風的な寒気の漏れは防ぎにくいものです。

ただし、カーテンにもアルミ素材を圧着させた断熱効果の高い商品などがあるように、ブラインドにもさまざまな新しい断熱対策素材が登場しています。
遮熱ブラインドと呼ばれるタイプの商品で、加工により従来品と比べて温度が上昇しにくくなっています。
そのため、直射日光にさらさられる位置に設置していても、内部の温度に影響を与えにくく、エアコンによる室内温度調整を妨げないのです。
また、もともと木製のブラインドについては、アルミ製よりも熱伝導率が低く遮熱性に優れています。
素材そのものがアルミよりは厚い物であることも、当然ですが結果に関係しています。

これらのスラット式のブラインドとは異なりますが、断熱性の極めて高い商品として、ハニカムブラインドがあります。
外見的にはプリーツスクリーンに似ていて、蛇腹型に折り曲げられているように見えますが、実際の断面がハニカム構造になっており、六角形の部分に空気の層を持つことができるため、暑い季節にも寒い季節にも効果的に働きます。

既にブラインドを使用していて、カーテンよりも暑さや寒さをどうしても感じると思っている場合には、両方を併用するのも良いアイデアです。
簡易取り付けのカーテンレールなどで、たった一枚だけプラスするだけでも、かなりの違いを感じることができるのです。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*