ブラインドのお手入れ

最近、家族の健康のことを考えていろいろ家のアレンジをしているのですが、その中で、カーテンではなくてブラインドにしたほうがいいのだろうなと考えたりしています。
というのも、アレルギーやハウスダストのことを考えたら、カーテンよりもブラインドの方が、手入れの面でも機能としても、よりいいように思えてきたからです。

まず、布のカーテンの場合は、ほこりをたくさん吸ってしまいます。
もちろん、頻繁に洗濯をすればいいのですが、大きいものですし、乾きも遅いので、なかなかそういったわけには行きません。
さらに、洗ったカーテンが生乾きだったりすると、最悪なことになってしまいます。
なので、よく晴れた日を探して洗濯するようになってしまうのですが、そうすると、気づいたら一年間カーテンをつるしっぱなしだったということすらあります。
それに対して、ブラインドであれば、布などでさっとふくだけでほこりを落とすことが出来ます。
ほこりの手入れという点では、ブラインドが格段に楽だなと気づきました。
しかも、ハウスダストのアレルギーというのも、やっぱりたくさんのほこりの量を吸えば吸う程かかりやすくなると聞いたことがありますので、こまめに手入れができるブラインドのほうがいいのではないかなと思いました。

さらに、布のカーテンは、湿気を吸ってしまいます。
これは特に冬に多いことですが、結露などがある窓の近くにありますので、湿気もたまりがちです。
そうすると、カビの原因にもなりますので、衛生的に悪い影響となってしまいます。

また、更に、最近のブラインドでは、抗菌機能のついたブラインドというものもありました。
ブラインドの素材はさまざまですが、その中でも、たとえばトイレや洗面所に使われているような抗菌タイプのものが出ているようです。
こういった物を使えば、衛生面でも安心です。

また、ブラインドの手入れであれば、スプレーなども使うことができます。
ブラインドであれば、特に特別な物を使わなくても、市販されている家具などのお手入れスプレーを使うこともできます。
そうやってこまめにブラインドをふけばいいだけですので、手軽に掃除をすませることもできます。

抗菌の壁紙やマットレスなどを検討する中で、窓辺のカーテンもなかなか衛生を保つのが難しいと気づきました。
そういった点で、アレルギーを防ぎ、衛生を保ちやすそうで、手入れも楽そうなブラインドに取り替えるのもいい考えかもしれないなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です