ちょっと変わったブラインド

”カーテン”と聞くとどんなことをイメージするでしょうか?
日本ではどちらかというと遮光のためのカーテンを用いるのが主流です。

カーテンは柄も豊富で部屋のインテリアに絶好のアイテムです。
日が落ちた後にカーテンを閉め、そこに描かれている自分の大好きな柄を眺めるのはそのカーテンを選んだ本人にとって一つの楽しみであることは間違いないでしょう。

しかしブラインドに関してはいかかでしょうか?
どちらかというとオフィスや会議室といった場所で使われることが多く、なんとなく殺風景なイメージを抱きがちかも知れません。
しかしおしゃれなブラインドも多く販売されており実際に部屋のインテリアに興味を持っている大勢の人がブラインドで部屋のおしゃれを楽しんでいます。

カーテンを閉めたときに柄が見えてそれを楽しむといったことが目的にあったらどうでしょうか。
自分は”カーテンは色こそ選ぶことができるものの基本的には無地でないと飽きてしまう”と勝手に思っていたのですが柄や絵が描かれているものが確かに存在します。
どのようなものがあるのか、少し述べたいと思います。

夏の暑い日にカーテンで涼しさをかもし出すということを試したことがおありでしょうか?
もし竹でできたカーテンに風でなびく風鈴やすすきの絵がさりげなく描かれていたらどのように感じるでしょうか?
きっとこのカーテンが暑さをやわらげてくれることでしょう。

ライトブルーベースのカーテンにうっすらと海の絵が描かれていたらどうでしょうか?
これもまた私たちに涼しさを与えてくれます。
子供部屋の窓にかかっているカーテンに動物や車など、子供が喜びそうな絵が描かれていてそのカーテンが閉められて絵が現れたときの子供の喜ぶ様子が創造できるでしょうか?実際にこれらの”絵付カーテン”は存在します。

このほかにも有名な画家の絵をプリントしたものや外の景色が描かれていてカーテンを閉めてもまた外の風景、といったユニークなものもあります。

個人的にこの”絵付カーテン”はかなり好みです。
部屋の雰囲気をいろんな意味で明るくしますし、友人などを部屋に招いたときにかなり強烈なインパクトを与えることができます。

もし自分が絵付カーテンを部屋の窓に掛けるとしたら部屋を全体的にホワイトカラーでまとめるでしょう。
絵付カーテンをたくさん見てきましたがそうすることで絵が映えます。
この絵付カーテン、思っていた以上に楽しめるのではないかと思いました。

ブラインドを購入しようと、インターネットで調べていてこちらへたどり着きました。いろいろなサイトを見てきましたが、ここが一番バリエーションに富んでいると思い、ここでの購入を決めました。

どんな形にも対応していますオーダーカーペットと、窓周りは様々なテイスト別に、当社の強みであります豊富な品揃えでご来店をお待ちしています。 主力商品・サービスは、オーダー品のカーペットとカーテンとロールスクリーンに、リーズナブルな価格のお買い得商品です。 カーテンやカーペットをインターネットで簡単に購入できるインターネット通販において、大きな実績がある会社です。 カーペットの通販なら当サイトへ